[ HARDWARE REPORT ]

Apple iPad

iPad Wi-Fi + 3G のプリペイドプランを体験してみる

2011/01/12 Tomohiro Kumagai
Update: 2011/10/13 Tomohiro Kumagai

□ iPad Wi-Fi + 3G プリペイドプラン

平成 22 年に登場して話題となった Apple iPad を購入しました。

購入した機種は、iPad (1) の 16GB の Wi-Fi + 3G モデルのプリペイドプランです。

それからしばらくの月日が経って、平成 23 年 10 月 14 日に iPhone 4S が発売するのに合わせて、ソフトバンクが iPad 2 の 100MB を実質無料で利用できる新プランを発表したこともあり、このページにも注目が集まってきた様子です。

そんなこんなで、自分が当時 iPad (1) の 3G モデルのプリペイドプランを購入した際に悩んだポイントや、実際に使いながら思ったことを記してみたいと思います。

購入するモデルについて

iPad の容量について

補助記憶容量の 16GB については、これまで利用していた iPhone 3GS でもまったくそこまでの容量を使うことはなかったことと、iPad を持ったからといってそこで音楽や映画を扱うつもりがなかったことから、迷うことなく最小の容量を選びました。

個人的には、いろいろな文書を PDF に保存して持ち歩きたいというところだったので、実際に使ってみた感じでも、今のところ 16GB で十分なほどの余裕がある感じです。

 

3G モデルにするか Wi-Fi モデルにするか

購入に当たってとても迷った点としては、Wi-Fi モデルのみとするか、または Wi-Fi + 3G モデルにするかというところでした。

悩む題材としては、3G モデルでないと GPS アンテナが搭載されないとのことなので、出来れば 3G にしたいところですが、3G にしてしまうと SoftBank との契約により月額料金が発生してしまいます。

Wi-Fi でもアクセスポイントから位置情報を検出できるとのことでしたけど、Wi-Fi が利用できない屋外では、インターネットも含めて何もできなくなってしまいます。

Wi-Fi スポットで使えばインターネットはできますけど、出先で iPad でインターネットをしたいときに Wi-Fi スポットがそこにあるとは思えないので、やはり 3G は必須なように思いました。

3G 回線の料金について

プリペイドプランと定額プラン

3G モデルによる料金については、定額プランとプリペイドプランの二つが用意されていて、自分が購入するときには月 1,510 円 の 100MB プランというものも提供されていました。

厳密にはそれに、1 チャージ毎に 315 円のウェブ基本使用料が加算されるので、実際は 1,825 円かかります。それでもパンフレット等では月 1,510 円としか謳われていないので要注意です。

それと、1 チャージは 100MB を使い切るか 30 日経過するかのどちらかで終了なので、どんなに使用量を抑えても、およそ 1 か月までしか利用できないところも注意です。

 

もうひとつの定額プランの場合には月額 4,410 円が必ず発生してしまうので、頻繁に iPad でインターネットを利用するようなら別ですが、そうでなければ iPhone と両方持つには通信料金が大きくなってしまいます。

かといって 100MB プランにしたとして、100MB でどれくらいのことができるのか、初めてのスタイルの機械ということもあって、まったく想像もつきませんでした。

 

頻繁に持ち出してインターネットをするということはない可能性は高いにしても、出先でインターネットを使えなくてはきっと肝心なときに意味がない。そう考えるとやはり 3G はほぼ必須なように思えます。

 

iPhone を使って 100MB でどれくらいできそうか試してみる

そこで、とりあえず iPhone 3GS を使って、日にどれくらいの通信が発生する可能性があるかを調べてみることにしました。

出かけるついでに、東京駅周辺で地図をみながら目的地を探して彷徨ったり、途中でお店の情報などをインターネットで調べたりと、それなりのインターネット利用を行ってみたところ、それくらいで 6MB くらいの通信量が発生しました。

このときは、具体的には、iPhone 3GS で次のようなことをしてみた感じです。

  • 東京駅で、地図で新丸ビルから東京駅の方向をチェック、1 分ほど地図を眺める。
  • 新国際美術館の情報を調べる。(数ページ)
  • オルセー美術館の情報を調べる。(数ページ)
  • ハローダイヤルについて調べる。(数ページ)
  • メールを受信する。
  • 天気予報を見る。
  • 地図で大手町の方向を調べる。(30 秒程度)
  • 乗り換え案内で料金を検索する。
  • メールを受信する。

iPad の場合は地図が少し大きくなるでしょうから、もう少し通信量が多くなるのかなとも思いつつ、この程度が月に 16 日分利用できるなら悪くはないのかなと感じました。

実際、2 回チャージまでなら定額プランの料金を上回ることはないので、そうなるとつまり月に 32 回程度ですから、これならそれなりにたくさん使うことがあっても、料金的に低く抑えることはできそうです。

この段階で、購入するなら Wi-Fi + 3G のプリペイドプランにほぼ決定です。

プリペイドプランのチャージ方法について

プリペイドのチャージはどこで?

その上で気になるのは、プリペイドのチャージはどういう風に行うのかというところでした。

普通に考えれば、当然、チャージの手続きを行うに当たり、SoftBank ショップへ赴くかインターネット経由での手続きが考えられます。

 

店員さんに確認してみると、チャージ手続きは、iPad の「設定」画面の「モバイルデータ通信」からインターネット経由で手続きを取る必要があるとのことでした。

通常は自宅や出先の Wi-Fi や、チャージされている 3G 回線からチャージ手続きを行うことになるらしいのですが、なにやら最初の 1 回だけはチャージされていない 3G 回線経由でもチャージすることができるそうです。そして手続きさえ行えれば、即座に 3G 回線を利用できるようになるとのことでした。

 

ほんとうにチャージの切れた 3G 回線ではチャージできないのか

でも、ここで気になるのが、最初の 1 回だけはチャージ切れの 3G 回線経由でもチャージができるというところです。

つまり、チャージを行わない状態の 3G 回線で、つまり実質インターネットが利用できなくなっている回線でも、何らかの形で 3G 回線を利用する準備はできているということになります。

そもそも、チャージするか否かといった程度で利用できるようになるのだから、少なくとも 3G 回線を利用する直前までの準備は整った状態になっているはずです。

 

その辺りについて、お店の人に本部へも問い合わせて詳しく確認をして頂いたのですけど、やはりチャージされていない状態での 3G によるチャージは最初の 1 回だけという回答に留まりました。

最初の 1 回だけできるようになっているのは Wi-Fi を持っていない人を想定したもののような表現でしたけど、それでも、すぐそこまで 3G が来ていて、しかも 1 回は特例でチャージできるという話から、なんとなくチャージ切れで停止している 3G 回線からでもチャージが行えるような気がしてなりません。

100MB プリペイドプランを試してみる

プリペイドプランに契約して実際にチャージを試してみる

何度聞いてもそういう回答だったのですが、やはりできる可能性も十分ありそうだったので、思い切ってプリペイドプランで契約してみることにしました。

購入して早速、Wi-Fi を OFF にして 3G 経由でチャージを行ってみたところ、最初の 1 回目はお話通り、チャージすることができました。

そしてこのとき、プリペイドプランの利用にあたっての注意事項を読んだのですけど、どうやら全国の Wi-Fi スポットは、チャージした状態でなければ利用できないもののようでした。つまり、チャージが切れてしまったら、自宅の Wi-Fi 環境でしかチャージできないということになるのでしょうか。

そう考えると、ますます 3G 経由でチャージできる可能性が高そうです。

 

とりあえず最初の 100MB チャージで 3G を利用してみる

まずはチャージが切れないことには何も見えてこないので、とりあえずまずは、普通に利用してみることにしました。

毎日かばんに持ち歩いて、ちょくちょく地図を見たり、旅行先で調べ物をしたり、iPad の面白さを友人に見せたりしながら使っていたら、残り 10 日で、残り通信量 2MB になりました。

我慢しながら使ったということもないし、2 回までのチャージなら定額プランよりも安いので、これなら少なくとも自分の利用方法では 100MB プランが適切だった感じです。

 

逆に、あまりにもインターネットを使った機能が便利で斬新だったので、もし Wi-Fi だけのモデルだったとした場合、使い方にもよるのでしょうけど、出先では単に珍しいだけの何もできない道具になってしまいそうでした。

Wi-Fi だけのモデルと 3G 搭載モデルとではぜんぜん別の機械と思った方がよさそうですね。

 

チャージの切れた 3G 経由で 2 度目のチャージを行ってみる

そしていよいよチャージが切れたので、2 度目のチャージを、チャージの切れた 3G 経由で行ってみます。

再び Wi-Fi を OFF にした上で、念のため Wi-Fi の届かないところへ移動して、チャージ手続きを行ってみます。

最初に行ったように iPad の「設定」画面からチャージ手続きを行ってみたところ、Wi-Fi がないところでも問題なくチャージ処理を行うことができました。

チャージの手続きが終わって数秒後に、チャージが完了したという通知が画面に表示されて、再び 3G を使ってのインターネットを利用することができるようになりました。

 

2 度目の 100MB チャージで 3G 回線を利用する

その後、今度のチャージでは、残り 7 日にして 100MB の通信量を使い切った感じでした。

Web や地図を数日おきにちょこちょこ使う程度で 1 回のチャージでは若干足りない感じなのかもしれないですね。でも逆に思うと、定額プラン料金を超えない 2 回のチャージであれば、1 か月はゆうに持ってくれそうな印象でした。

 

3 度目のチャージも、チャージの切れた 3G 回線から行えました

そして再びチャージが切れてから再度 Wi-Fi なしでのチャージを試みてみましたけど、やはりちゃんとチャージできるようでした。これならプリペイドプランで大正解と言えますね。

余程明確にたくさん使うという見通しがないのであれば、Wi-Fi + 3G のモデルをプリペイドプランで利用するというのがいちばん手軽かつ iPad の真価を引き出せる選択肢なのかもしれないです。

今後もしかするとチャージ切れでの 3G によるチャージができなくなる可能性があるのかないのか分らないですけど、とりあえずはきっと大丈夫なのでしょう。

 

その後も利用を重ねて行くと、必要に迫られてリモートデスクトップで Windows に接続してサーバーメンテナンスを行った時にチャージしたのが 54MB を残して 30 日が経過で終了したり、ぽつぽつと必要に応じて Web や地図を見ていたら 47MB を残して 30 日が経過したりと、毎日持って便利に使っていてもそれくらいの余裕を残して終了となる回が増えてきました。

最初の内は物めずらしさからも利用する頻度が高くなっていたのでしょう。そんな感じで、自分にとっては 100MB の通信量があれば iPad を十分に活用できる感じと言えそうです。

 

100MB チャージで「マップ」アプリを使った感じ

あまりインターネットに触れていない人にとっては「マップ」アプリがとても斬新に映るみたいで、これを見せるとずっと遊んでくれることが多い気がします。

そんな「マップ」で遊んでもらうために 100MB チャージを行って、iPad を手渡してみたところ、夢中に「マップ」を動かし続けて 1 時間くらいの頃合いで 100MB のチャージを使い尽くした感じになりました。

その時には、通常の地図の他にも、航空写真、ストリートビューといった表示を好きに切り替えて遊んでいた感じです。

 

通常のマップだけで見ていればもうすこし長い時間、見ていられるだろうとはおもいますけど、ともあれ 1 チャージ 1,825 円で「マップを 1 時間も見られる」と見るか、「1 時間程度で 1 チャージがなくなってしまう」とみるかで、印象が変わってきそうですね。

自分自身で使う分には、マップを 1 時間も続けて見るようなことはないですし、見るとしてもせいぜい 5 分程度、しかも自宅なら Wi-Fi 接続なので 100MB チャージを消費しないしで、それなりに余裕のある容量のようには感じました。

 

iPhone 4 での通信量としては

ちなみに iPhone 4 も、定額料金で契約しているのですけど、こちらは毎月パケット代はゆうに 100,000 円は超えてくる感じです。

ためらわずに好きなタイミングで使っていて、例えば 1,539,388 パケット使用して 123,151 円という通信料が計上されたりしていますけど、この時だけが特別ではなく、これよりも少ない時もありますけど、だいたいいつも数万円から十数万円の範囲で計上される印象です。

 

例えばこの 1,539,388 パケットを、1 パケット 128 バイトとして計算してみると、実際のバイト数は 187 MB くらいになるのでしょうか。逆に 100MB のデータで考えると、800,000 パケットくらいになるでしょうか。

つまり 100MB チャージ 2 回分で足りるくらいの通信料を、普段の自分が使う iPhone 4 では利用している感じですね。

 

100MB チャージ 2 回は 3,650 円ですから、そう考えると iPhone 4 にもしもプリペイドプランが登場してくれたなら、そちらに乗り換えても良さそうな感じもしてきました。

iPad の方が画面もけっこう広くなるので、その分、iPhone よりも多くのデータをダウンロードするアプリも増えてくると思いますし、使い方も違ってくるでしょうから iPhone と純粋に比較することはできないでしょうけど、iPhone の月々の請求明細を眺めてみると、いくらかの判断材料になるかもしれないです。


 

カスタム検索

copyright © Tomohiro Kumagai @ EasyStyle G.K.
contact me: please from mail-form page.