[ HARDWARE REPORT ]

Apple MacBook Air Mid 2012

MacBook Air でリカバリーディスクを作成する

2012/08/10 Tomohiro Kumagai

□ Mountain Lion のリカバリーディスクを作成する

MacBook Air Mid 2012 を購入しました。

Mac OS X Mountain Lion が出た後での購入だったので OS はそれがインストールされていたのですけど、そのリカバリーディスクは付属していなくて、リカバリーデータはハードディスク (SSD) にしか記録されていないようでした。

このままだとハードディスクに何かあったときに面倒なので、念のためリカバリーディスクを作成しておくことにしました。

 

MacBook Air Mid 2012 でリカバリーディスクを作成するためには、1GB 以上の USB メモリまたは外付けハードディスクを用意する必要があるとのことでしたので、今回は 1GB の USB メモリを使って作成しようと思います。

リカバリーディスクに使用するディスクは、内容が全て消去されるとのことなので、なるべくちょうど 1GB のディスクを用意するのが良さそうです。

 

MacBook Air Mid 2012 でリカバリーディスクを作成するには、まず "復元ディスクアシスタント" をダウンロードする必要があります。

http://support.apple.com/kb/DL1433?viewlocale=ja_JP にアクセスすると、"Lion 復元ディスクアシスタント" と出てきますが、これは Mountain Lion 搭載の MacBook Air Mid 2012 でも使えるようです。

 

ダウンロードした "RecoveryDiskAssistant.dmg" をマウントすると、その中に "復旧ディスクアシスタント" というアイコンが表示されます。

RecoveryDiskAssistant.dmg をマウントすると、その中に "復旧ディスクアシスタント" が保存されています。

それをダブルクリックで開くと、復旧ディスクアシスタントが起動しました。

復旧ディスクアシスタントが起動しました。

USB メモリを接続して起動すると、それが選択できるようになっているので、ここではその USB メモリを選択して【続ける】ボタンをクリックします。

 

これで、復旧ディスクの作成処理が始まって、しばらくすると USB メモリが復元ディスクになりました。

ここで作った復旧ディスクは、もしものときには Mac に接続して Option キーを押しながら起動することで、使用することができるとのことです。


 

カスタム検索

copyright © Tomohiro Kumagai @ EasyStyle G.K.
contact me: please from mail-form page.