[ HARDWARE REPORT ]

Windows 7 (x64)

ScanSnap S1500 で長細い書類をスキャンする

2011/02/02 Tomohiro Kumagai

□ ScanSnap S1500 で長い紙をスキャンする

FUJITSU から、紙の書類をスキャンして PDF にしてくれるドキュメントスキャナー ScanSnap S1500 が販売されています。

先日 EZ-NET: ドキュメントスキャナ ScanSnap S1500 を使ってみる でも記しましたけど、これがとても便利なスキャナーで、たくさんの書類も手間いらずであっという間にスキャンしてくれて、想像していた以上に便利でした。

そんな感じで、普段は何も意識することなくスキャンすることができるのですけど、細長い紙をスキャンしてみたところ、こればかりはほんの少しだけ手間が必要になるようでした。

きっと普段、書類の種類や両面・片面、重なり検出など、いろいろな配慮がされているせいもあるのでしょう。

 

さて、今回は SANYO eneloop USB 出力付充電器セット KBC-E1AS に付属していた取扱説明書をスキャンしようとしたときに、すんなりとはスキャンすることができなかったので、それについてお話をしてみようと思います。

どうやら ScanSnap S1500 は、"Scan" ボタンを普段通りに押しただけでは、長い紙をスキャンすることはできないようでした。

もっとも、普段はカチッと押す "Scan" ボタンを、数秒ほど長押しするだけで、長い紙もスキャンできるようになる感じです。

 

長い紙を普通にスキャンしようとすると、途中で紙送りが止まって画面に対処方法が表示されるので、それにしたがって再度スキャンをし直します。

長い紙がスキャンする場合は、紙を引き抜いてからもう一度、紙をセットして "Scan" ボタンが点滅するまで数秒ほど長押しすると、いつものように紙が自動で引き込まれて行きます。

後は、いつものように紙が最後まで引き込まれ、無事に PDF データとしてスキャンすることができました。

 


 

カスタム検索

copyright © Tomohiro Kumagai @ EasyStyle G.K.
contact me: please from mail-form page.