[ HARDWARE REPORT ]

Windows XP

無線 LAN アダプタ WLI-CB-AMG54 をデスクトップ PC で使ってみる

2006/03/18 Tomohiro Kumagai
Update: 2006/06/06 Tomohiro Kumagai

□ Card Bus タイプの無線 LAN アダプタ - WLI-CB-AMG54

引越しを機に新たに無線 LAN 対応のブロードバンドルータ BUFFALO WHR-AM54G54/P を利用することになりました。このルータには PCMCIA スロット (Card Bus) 用の無線 LAN アダプタ WLI-CB-AMG54 も付属しています。

今までも無線 LAN を利用していて IEEE802.11g や IEEE802.11b に対応した無線 LAN アダプタは持っていたのですけど、引越し先でなにやらアクセスポイントの IEEE802.11g へ接続できなくなることが多くて IEEE802.11a なら大丈夫かなと思ったのがきっかけでした。

なお、IEEE802.11g が不調だったのは、やっぱり電波干渉だったみたいな感じです。チャンネル数を手動で変更してみたところ今は問題なく利用できるようになってます。

 

今回は Card Bus 用の無線 LAN アダプタ WLI-CB-AMG54 が同梱されたパッケージを選んだ訳ですけど、そもそもの理由としては、"世界標準 11a" という規格が気になったのもあります。

IEEE802.11g が不安定だったこともあって、移動する可能性のあるノートパソコンだけを無線 LAN で利用して、固定するのが常のメイン PC に関しては有線 LAN で利用しようと思ったのですけど、使用しているノートパソコン Victor Inter Link MP-XP741 がたしか従来の IEEE802.11a/b/g にしか対応していない気がしたんですよね。

購入してから "世界標準 11a" について調べていたら、従来の IEEE802.11a 対応 LAN アダプタはファームウェアの更新によって新規格の 8 チャンネルのうちの最初の 4 チャンネルしか利用できないものの問題なく接続できるようにはなるという情報を得て、公式サイトさまを探してみれば更新プログラムが提供されていたので、それを適用することで問題なく利用できるようにはなったのですけどね。

その辺りのお話は EZ-NET レポート: モバイル PC - MP-XP741 の無線 LAN を世界標準 11a に対応させる を参照してみてください。

 

そんな感じでとりあえず WLI-CB-AMG54 は不要な感じになったのですけど、ともあれ今までは Atheros Communication 社が開発した "Super G" という無線 LAN 高速化技術に対応したアクセスポイントを利用していたため、それに対応した無線 LAN クライアント機器をそろえていたのでした。でも今回のアクセスポイント WHR-AM54G54 は "Super AG" には対応してなくて、BUFFALO 独自の "FRAME BURST EX" という規格に対応している製品です。

なお "Super AG" は "フレームバースティング技術", "無線ネットワーク最適化", "リアルタイム圧縮" という 3 つの技術を用いているそうです。それに対して "フレームバースト EX" は、フレームバースティング技術を改良してさらに快適なデータ転送を可能にしたとのことでした。どちらが優れているとかは判りませんけど、お店では "Super AG" 対応製品を良く見かけますけど、ネット上での評判としては "フレームバースト EX" が良さそうな印象も受けました。

 

ともあれチャンネルを調整することでIEEE802.11g も安定して利用できるようになったし、ノートパソコンも IEEE802.11a (W52) に対応してそのままで問題なく利用できるようになったしで、メイン PC も無線 LAN で行こうと思ったとき、この付属していた無線 LAN アダプタ WLI-CB-AMG54 をメイン PC で利用しようかなということになりました。

Card Bus 仕様なので PC カードスロットをメイン PC に用意する必要がありますけど、そうすれば今まで利用していた ELECOM Air@Hawk LD-WL54AG/PCI と交換して "フレームバースト EX" 対応の環境に出来るので、主に使う PC でもあるし、そうしてみようかと思います。

 

□ Card Bus 対応 PC カードアダプタ REX-CBS40

Card Bus 用の無線 LAN アダプタ BUFFALO WLI-CB-AMG54 をメイン PC で利用するに当たって、ラトックシステム 社の "REX-CBS40" を購入してみることにしました。

この製品は PCI スロットに接続する PC カードアダプタで、Card Bus PC カードと 16bit PC カードの両方に対応しているとの事でした。カードの型は Type I および Type II に対応していて、対応電力も 5V, 3.3V, 3.3V/5V 両用のそれぞれに対応しているとのことでした。僕は PC カードの仕様については詳しくないですけど、とりあえず心配なさそうな感じですね。

他にも箱の裏面にとても親切に細かく注意事項などが書かれていますので、購入の際にはそれを読んでみるのもお勧めです。

 

□ Card Bus 対応無線 LAN カードをデスクトップ PC へ組み込む

今回は Card Bus 用の無線 LAN アダプタ BUFFALO WLI-CB-AMG54 を、ラトックシステム社の REX-CBS40 を用いて、デスクトップ PC へ搭載してみることにします。

REX-CBS40

まずは Card Bus 対応 PC カードアダプタ REX-CBS40 を組み込みます。

PC の電源を落としてから PCI スロットへ REX-CBS40 を接続して、PC を起動します。Windows XP の場合は標準のデバイスドライバで動作するとの事なので、デバイスドライバのインストールは不要でした。

不要どころかインストールしているようなそぶりさえ見せず、装着して起動後にデバイスマネージャを眺めてみると、しっかりと "Texas Instruments PCI-1410 CardBus Controller" という PCMCIA アダプタが認識されている感じでした。

 

WLI-CB-AMG54

そんな感じで PC カードアダプタのインストールが終わったので、続いて無線 LAN アダプタ WLI-CB-AMG54 の組み込みです。

PC カードスロットに WLI-CB-AMG54 を挿入すると Windows XP によってハードウェアが認識されて、"新しいハードウェアの検出ウィザード" が自動的に起動しました。ただ、今回の WIL-CB-AMG54 にはデバイスドライバを組み込むセットアッププログラムが備わっているようですので、ここでは 「キャンセル」 としておきます。

 

そしてせっかくなので、今回は BUFFALO 社のサイトから WLI-CB-AMG54 用の最新版デバイスドライバ "BUFFALO Wireless LAN Driver Disk Ver.8.10" をダウンロードして、それをインストールしてみることにしました。

ダウンロードした "wdv_810.exe" を実行して圧縮ファイルを解凍すると、自動的にインストーラが起動するのでその手順に従ってデバイスドライバのインストールを進めて行きます。使用許諾契約に同意して、旧バージョンのファイル検出手続き後、デバイスドライバのインストール手続きが始まりました。

そして "BUFFALO WLI-CB-AMG54 が検出されて、利用可能となりました。

 

□ 付属の WLI-CB-AMG54 は "フレームバースト EX" には対応していないらしい…。

無線 LAN アダプタ "WLI-CB-AMG54" が利用できるようになったので、ワイヤレスネットワーク接続の設定を一通り整えて "世界標準 11a" 規格の通信でアクセスポイントと接続してみたところ、とても快適に接続することが出来るようになりました。

でも、利用している無線 LAN アクセスポイント BUFFALO WHR-AM54G54 の管理ページにある "クライアントマネージャ" で状況を確認してみたところ、この PC の "フレームバースト EX" に関する項目が "使用不可" になっていました。

 

何か特別な必要なのかと思って、とりあえずワイヤレスネットワーク設定周りを確認してみるも見当たらず、そういえばデバイスドライバとは別に公開されていた "クライアントマネージャ 3 Ver. 1.0.2" をダウンロードしてインストールしてみることにしました。

ダウンロードしたプログラムを実行すると解凍先のフォルダを訪ねられるので、たとえば "C:\TEMP" など、てきとうなフォルダを指定してあげれば解凍手続きが行われ、続いて自動的にインストーラが起動しました。こちらも、使用許諾契約に同意してインストールフォルダを指定すれば、インストール作業は完了です。

そして、クライアントマネージャが起動したら 「プロファイル」 タグから 「追加」 ボタンを押して、そこで SSID など必要な情報を入力すれば、それで設定は完了です。今回はアクセスポイントの SSID を自動検出できないように設定してあったので、 "AP は ANY 拒否設定である" にもチェックを入れておきました。

これでまた快適に IEEE802.11a による接続が利用可能になったのですけど、やっぱり "フレームバースト EX" は "使用不可" のままでした。何か設定があるんじゃないかと、クライアントマネージャの設定項目を確認してみましたけど特には無く…。

 

調べてみると、どうやら WLI-CB-AMG54 自体が "フレームバースト EX" には対応していないようです。

公式サイトを調べてみると、それに対応しているという記載はなくて、むしろ逆に "Super AG" に対応しているとの事でした。"世界標準 11a" 対応で、かつ "フレームバースト EX" に対応している製品を探してみると、今のところは PC カードタイプでは "WLI-CB-AG54HP" だけみたいです。

思い込みではあるとはいえ、"フレームバースト EX" 対応製品なのだから、付属している無線 LAN クライアントも普通に対応しているものかと思っていただけに、なんだか残念な感じでした。

箱のどこを探してみても、"フレームバースト EX" 対応の文字は見受けられるものの、付属している無線 LAN クライアントが対応していないとは一言も触れられていないところが困ったところ。これならわざわざ PC カードがセットになったパッケージを買う必要はなかったなって感じです。

 

□ 相性問題…?

しばらくの間はそのような感じで PC カードアダプタ "REX-CBS40" に無線 LAN アダプタ "WLI-CB-AMG54" を差して利用していたのですけど、後日になってそういえば、1 日に 1 回ほどではあるものの PC が突然再起動されてしまうようになっているのに気づきました。

心当たりがあるとすれば今回の作業くらいだったので、しばらく様子をみるも改善される感じがなかったので、とりあえず "WLI-CB-AMG54" のデバイスドライバを更新してみたりもしたのですけど、それでも特に改善されることもなく…。

 

そこで、もしかするとただ単純に、システムが気まぐれを起こしているだけなのかとも思って、Windows XP をセーフモードで立ち上げてみたところ、新たに "WLI-CB-AMG54" を自動的に認識して、デバイスドライバのインストール作業が始まりました。

そして、インストール完了後、Windows XP を通常モードで起動させてみたところ…、なんだか "WLI-CB-AMG54" が動作しなくなってしまいました。カード自体は認識してくれるのですけど、デバイスマネージャで確認してみても、黄色いびっくりマークがついてしまっているのでした。何度か PC カードスロットの "WLI-CB-AMG54" を挿し直してみても改善されず、ドライバ関連をインストールし直したりもしましたけど、どうにも直ってくれませんでした。

 

結局は "WLI-CB-AMG54" を "REX-CB40S" ごと取り外してしまうことによって、とりあえずは PC が再びもとの安定性を取り戻してくれたのですけど、いったいなんだったのでしょうね…。

相性の問題なのか、ただの重度な不具合だったのか。ネットワークがどうにもならないというのもあって、そのまま "REX-CBS40" ごと外してしまいましたけど、マザーボード AOpen "AX4SPE Max II" と "REX-CBS40" との相性なのか、それとも "REX-CBS40" と "WLI-CB-AMG54" との相性なのか、そもそも別の問題なのか、なんともいえないところですけど、とりあえず念のため追記しておくことにしました。

 


 

カスタム検索

copyright © Tomohiro Kumagai @ EasyStyle G.K.
contact me: please from mail-form page.