[ HARDWARE REPORT ]

BUFFALO

無線 LAN アダプタ WLI-U2-KG54 を使ってみる

2005/10/25 Tomohiro Kumagai

□ WLI-U2-KG54

先日の BUFFALO の WHR-G54S/U という無線 LAN 対応のブロードバンドルータを購入したときに、それとセットで WLI-U2-KG54 というクライアント用の USB 2.0 タイプの無線 LAN アダプタが付属してきたのでした。

とりあえずはなくても良かったのですけど、そのときには無線 LAN アダプタが付属していないタイプは売っていなかったのと、何かのちょっとしたときに便利かなと思ってとりあえずそれにしたのですけど、さっそくちょっとした都合があって、それを使ってみることになったのでした。

そして普通にドライバをインストールして、問題なく使えていたのですけど、ちょっとしたことから上手く通信が出来なくなってしまったので、その辺りをちょっと紹介してみることにしました。

別にこのアダプタ固有の問題ではないでしょうから、普段は問題ないとは思うのですけどね。

 

□ WLI-U2-KG54 を使ってみたときの出来事

そのときは Windows Server 2003 へ WLI-U2-KG54 を接続して利用していました。デバイスドライバは付属していた CD-ROM を自動検索させることで問題なく利用することができ、それの付属元であった WHR-G54S との通信も正常に行えていました。

状況は、オンボードの LAN アダプタを有効にするにあたって、とりあえず無線 LAN でネットワークへ接続してデバイスドライバをダウンロードするという感じです。

 

順調にデバイスドライバをダウンロードし終えて、そしてオンボードの LAN アダプタが有効になったあたりから、何故だか無線 LAN の方がワイヤレスネットワークへ接続できなくなってしまったのでした。

心当たりがあるとすれば、その辺りにちょうど PC の置き場所を変えて、ついでにフロントの USB ポートへキーボードを接続したのもあったりして。そのせいだったりするのかと思ってキーボードをいったんはずしてみたのですけど、そうしてみても特に無線 LAN が復活することはありませんでした。

 

ところが予想外のことに、キーボードをはずしたはずなのに、何故だかワイヤレスマウスが動作しなくなったのでした。

一瞬、抜き間違えたかと思いつつも、キーボードは有線だったので、抜き間違えていることもなく…。でもまたキーボードを挿してみると、隣においてあるマウスが当たり前のように動作するようになりました。

これは…、無線マウスの受信機と、キーボードの USB コネクタが隣り合わせになっていたのもあって、ハードウェアのことはよく判らないのですけど、もしかするとキーボードがアンテナみたいになってしまったりするのでしょうか…。

 

そんなことを思っていたら、ふと、そういえば無線 LAN が使えなくなった頃のもうひとつの心当たりとして、オンボードの LAN アダプタへ LAN ケーブルを挿したというのも浮かんできました。

本体の背面を確認してみると、無線 LAN アダプタのちょうど上に、オンボードの LAN ポートがあって、そこから LAN ケーブルが垂れ下がっている状態でした。もしケーブルが電波の流れを変化させてしまう可能性があるとしたら、この LAN ケーブルが原因になっているのかもしれないですね。

 

そう思って、有線 LAN と 無線 LAN との位置関係を少しはなれた感じにしてみると、問題なく無線 LAN を利用できるようになりました。

この現象はたまたまなのかもしれないですけど、でももしワイヤレスネットワークへそもそも接続できないような場合には、そういったケーブル類との位置関係も気にしてみると良いかもしれないです。


 

カスタム検索

copyright © Tomohiro Kumagai @ EasyStyle G.K.
contact me: please from mail-form page.