[ PLACE REPORT ]

市ヶ谷

日本棋院へ行ってみる

2002/04/07 Tomohiro Kumagai

□ 日本棋院

詳しくはわからないのですけど、日本棋院 とはプロ棋士が所属する団体のひとつだそうです。

なんだか日本棋院と聞くと、素人にはまったく縁のなさそうな感じの印象を受けますけど、今回、碁盤の売っているお店を探してインターネットを徘徊していたところ、どうやら日本棋院にも売店があるようでした。

ちょっと恐れ多くて近所で碁盤を扱っているお店を見つけたかったのですけど、いろいろ探しても見つからないとなると時間がもったいないし、当日は4月1日。

この際いい機会なので足を運んでみることにしました。

 

□ ヒカルの碁

そもそも碁盤を買おうと思ったきっかけは、ヒカルの碁 というアニメが放映されたことから始まります。

いつだかふらっと本屋さんを訪ねたときに、マンガの帯に 「アニメ化決定」 という記載があったので、見てみようかなぁ…、という感じで見てみたのがきっかけだったのですが、1回目、ホントに主題歌を見たときからすっかりとはまってしまいました。

もともとアニメ好きという性格だからかもしれませんけどね。

 

そしてアニメを見ていくうちに、コマーシャルで ヒカルの碁 のゲームが GAME BOY ADVANCE で出るということで、それを購入することにしました。なんでも囲碁のルールを丁寧に解説してくれるので初心者でもしっかりと囲碁を身につけられるそうなのです。

これを機に、囲碁でも始めてみようかな、といろいろとお店を探してみたのですがさっぱり見つからず、お友達も探してくれたのですが、結局、わがままを言って ムラウチ電機さま(murauchi.co.jp) で取り寄せていただくことにしました。

それでもなかなか入荷ができないとのことで、結局手に入ったのが 2002/03/24 日。

けれど1ヶ月以上も待っている間に、いろいろとありまして、よりいっそう囲碁に興味を持ってしまいました。というのも、アニメ 「ヒカルの碁」 の最後に、「GO GO 囲碁」 という囲碁の超入門をやるのですけど、それで シチョウ とか 二眼 とか、いろいろなお話を聞くたびに、囲碁ってすごいなぁ、なんて思ってしまうのでした。

そんなこんなもあって、届いてからは毎日欠かすことなく、今日までずっとやりこんでしまいました。といっても、いわゆるクリアは1日でできたのですけどね。

ただ、やっぱり面白くって、その後も詰碁をといたり、馴染みのあるキャラクターと対局したり…。そもそもゲームがとってもよくできていて、素人でも飽きさせないつくりになっていたのが大きかったのでしょう。

 

□ 碁盤を買いに…

さて、そんなこんなで囲碁の毎日を送っていると、双子の片割れも、たまたまお友達の床屋さんにあったヒカルの碁にはまっていたようで、GAME BOY ADVANCE のヒカルの碁のお話をしたり、アニメの DVD を見せたりしたら、いつの間にかこんど対局しようというお話になりました。

まだお互いに、というか、自分は一応、ヒカルの碁のゲーム内では RANK 5 とはいえ弱っちいし、片割れにいたってはまったく碁をやったことがないという状況だったのですが、この際、碁盤を買ってしまおうという運びになりました。

 

で、せっかくなので自分で碁盤を買うことにしたのですが、いざ買おうと思うとどこに売っているのかわからない…。百貨店とかでちゃちいマグネット囲碁とかが売っているとは思うのですけど、最近はどのお店も規模が小さくなってきている感じで、近くのお店にそんなのでも置いてあるかどうか…。

ということでインターネットをうろついてみました。

そうしたらいくつか、碁盤を売っているお店があって、値段もまぁ、1万円程度の手ごろなものから、うん十万円もする高価なものを扱っているところまでさまざまでした。

やっぱり、実物を見てみたいなぁ…、ということで近場で販売しているお店〜、と探していて見つかったのが日本棋院さまでした。

ちゃんと売店を備えているようなので、一般の人でも立ち寄れそうな感じです。それにせっかく始めるならまず本場に足を運ぶって言うのも悪くないな…、ということで行くことに決定です。

 

□ 日本棋院へ

調べてみると、場所は東京の市ヶ谷という場所にあるようでした。

家から市ヶ谷までは2時間近くかかってしまうのですけど、それでも、中途半端にほかのお店をあたって碁盤が見つからないということになるよりはましなので、出発です。

 

そして、南北線に揺られ…、電車は市ヶ谷に到着しました。

下調べで地図を見たときには、たしか3番出口から出ると近いらしいとのことで、その出口を探してみました。意外とうろうろと歩きつつ、見つけた3番出口の階段を昇ってみると…。

ここは!!

なんとも見たことのある雰囲気。そう、そこは紛れもなくアニメの中でヒカルが日本棋院の子供囲碁大会の帰りに、アキラくんが駆け上ってきた階段だったのです。

ちいさい旅とはいえ、こういう思いがけない喜びが旅の醍醐味ですよね。そういえば、「耳をすませば」 の舞台になった、京王線の 聖蹟桜ヶ丘をうろついたときも、見覚えのあるいわば思い出深い景色が広がって、それはそれは楽しいたびでした。

その後はもちまえの方向音痴が発動して、うろうろと市ヶ谷を歩くことに…。といってもさすがに地図に出ているので、すぐにたどり着けた方ですけどね。

 

□ 日本棋院にて

さて、日本棋院。

いつもながら始めてのフィールドというのはなかなか緊張するもので、とりあえず日本棋院の外周を一周…。思い切って正面玄関から入ってみることにしました。

 

入ったとたん、なにやら重たい感じのしっかりした雰囲気に包まれて、なかなか気分がしゃんとした感じです。大手企業とか、しっかりした空間に足を運ぶと感じるアレ(?)ですね。

で、日本風の大きな空間で待っていたのは、GO GO 囲碁でお馴染みの梅沢先生が出演している囲碁入門ビデオでした。

いっかくに、ちょうど水槽の反対側に大きなテレビがあって、そこでビデオが流されているのでした。そしてそれを囲むように2,3人のおじさまがたが熱心に見入っているのを見て、僕もちょっと足をとめてそこでそのビデオを眺めてみることにしました。

さすがにゲームで囲碁の知識が深まっていたこともあって、とても面白く見ることができました。しばらくそこで感心しつつも、さすがに16時くらいだったので、とりあえず今回の目的である碁盤探しをすることにしました。

 

はて、売店はどこなのでしょう…。

とりあえずエレベータあたりの案内板を見てみることにしました。いろいろと事務所とかあるようですけど…、よく探してみると 2F のところに後からテープを貼った感じで、売店の文字が。

さっそくエレベータで 2F へ GO。

そのとき、向こう側からエレベータへ乗ろうとしている2人のおじさまを発見。まだだいぶ距離はあったのですけど、せっかくだから待ちましょう…、ということで窓を開いたまま待ってみました。

「2F をお願いします」 とその人。見た目、そぶりともにとても感じのいい方で、囲碁をやっている人って心が豊かなのかなあ…、などと勝手に和みつつ、エレベータの中。

 

「***先生?」 「***先生??」

となにやら呼んでいるような声…。乗っているのは自分と、2人のおじさま…。2人は一緒に乗ってきたのにあの調子で2回も呼びかけるのはおかしいなぁ…、と恐る恐る振り返ってみると…。

えっ、自分ですか!?

ばっちりと目が合いました。どうやら僕のことを呼んでいたようです。なんでも雰囲気が似ていたんですって。まさに恐れ多いとはこのことですね。

ただの素人です〜、と会話をしつつも、とても和やかに人と話せて、なんだかとても心地が良かったです。ただ、突然の出来事で気が回らなかったのですけど、何先生って呼んでいたんでしょう…。今になって気になります ^^;

 

さて、2F へ到着すると、一転してざわざわした感じの空間が広がります。

エレベータを出てすぐに売店、そのおくにはなにやら碁を打つ場所がありました。とりあえず、誰でも打てるのか、開けた感じの場所、というか売店と同じ一角に、たくさんの碁盤が置いてあって、たくさんの人が打っていました。

その打っている方々の盤面を覗いてみたり、びっちりと置いていある囲碁関連の本を眺めてみたり…。囲碁関連の本に混じって、ヒカルの碁のマンガが置いてありました。もちろん囲碁関連ですけどね。マンガであれ、ちゃんと囲碁として認めているっていう感じがして、漠然と持っていた日本棋院=堅苦しいというイメージはすっかりなくなってしまいました。

 

そして肝心の碁盤。

お店の人に 「おすすめはありますか?」 と聞いたら、「ないです」 とあっさり…。とはいえいろいろとお話をさせていただいて、碁盤と碁石を1万2千円くらいで購入しました。

碁盤は厚さ3センチ弱の手ごろな19路盤 (裏面13路盤) の碁盤で、碁石は一番薄いやつです。それにしても白石と黒石のセットとはいえ碁石だけで6千円とは…。一番安いものとはいえ意外とするものなのですね。

 

□ 打ってみる

さて帰宅した夜、さっそく片割れと打ってみました。

やっぱりちゃんとした碁盤と碁石を使うと集中力が高まるようで、GAME BOY ADVANCE で打っていたときとはまた違う感じでした。買ってよかったなぁ、と思える瞬間です。

実際に碁盤で打つと、ゲーム機でやっていた時と比べて頭がさえる感じなので、ちゃんと囲碁を楽しむ場合にはやっぱり碁盤をそろえるのがいいですね。1万円くらいでもちゃんとした碁盤を。

 

ヒカルの碁、今は上級の詰碁で引っかかってます。RANK は今日でようやく 6 になりました。次は PlayStation で出るんですよね。それは確か5月。がんばって精進せねばv


 

カスタム検索

copyright © Tomohiro Kumagai @ EasyStyle G.K.
contact me: please from mail-form page.