[ REGISTRATION REPORT ]

Mac Software

App Store に登録済みの自作 iPhone アプリをアップデートする

2010/05/25 Tomohiro Kumagai

□ 公開中の自作 iPhone アプリを新バージョンに差し替える

App Store (iTunes) での販売中の iPhone アプリのバージョンアップを行ってみたので、その流れの大筋や注意したいところなどを簡単にメモしておこうと思います。

バイナリーの準備

まず、公開する新バージョンのバイナリーを用意します。

これにはアプリを公開した時と同じように ZIP 圧縮したものを用意します。このとき、Xcode の "ターゲット" の PRODUCT_NAME の情報または PRODUCT_NAME-Info.plist に記録されている情報の扱いに注意します。

ひとつは "バージョン" (Bundle version) ですが、これは以前にアップデートしたファイルのバージョンよりも大きい値を設定する必要がありました。

もう一つは "識別子" (Bundle identifier) で、これは同一アプリケーションであれば同じ値である必要があるため、必ずそのまま、変更しないようにしておきます。

新バージョンを審査に出す

バイナリーの準備ができたら "iTunes Connect" へ接続して、従来のバージョンの iPhone アプリの Manage ページを表示します。

そこで、アプリケーションの更新 (Update Application) ボタンを押して、"新しいバージョン番号" と "それに対応するバイナリーファイル"、"その更新内容" を、登録しているすべてのローカライズに対して登録します。

このとき、アプリケーション名やキーワード、アプリケーションレートといった情報も変更することが出来るようになっていました。

 

これらの情報を登録すると、新しいバージョンが "Waiting For Review" として登録されます。

登録されると、以前のバージョンと並行して画面に表示されますけど、レビュー中に詳細情報を変更すると、現在公開中のバージョンの情報が書き換わってしまうらしいので、間違えて書き換えてしまって誤解を招くことのないように注意する必要性がありそうです。


 

カスタム検索

copyright © Tomohiro Kumagai @ EasyStyle G.K.
contact me: please from mail-form page.