[ SOFTWARE REPORT ]

MacOS X

アプリ開発登録してたら OS X Server for Mavericks を無料で入手できました

2013/10/31 Tomohiro Kumagai

□ OS X Server for Mavericks を無料で入手する

2013.10.22 に OS X 10.9 Mavericks が無償でリリースが始まって、Mavericks に対応した OS X Server が Mac App Store から有料でダウンロードできるようになりました。

今回の OS X Server for Mavericks からは Xcode Server という機能が用意されて、アプリのテストやビルドを自動化できます。今まではサーバーと言ったらネットワーク管理という印象でしたけど、これからの OS X Server はアプリ制作者が日常で使う機能としても魅力のあるものになりました。

OS X Server for Mavericks を Mac App Store から購入できます。

2013.10.31 時点では、通常は OS X Server for Mavericks は 2,000 円で購入することができるのですけど、iOS Developer Program に加入しているアプリ制作者であれば、無料でダウンロードできるようになっています。

OS X Server for Mavericks を無料でダウンロードする

OS X Server for Mavericks を無料ダウンロードするには、iOS Dev Center にログインして、ダウンロードコードを取得します。

ページ内に OS X Server 3.0 の Redeem Code というのがあるので、そのボタンをクリックしてコードを使うと、これで OS X Server を無料でダウンロードできるようになりました。

間違えて OS X Server for Mavericks を購入してしまった場合

間違えて OS X Server for Mavericks を有料で購入してしまった場合は、購入時にメールで送られてきたレシートから返金手続ができるようでした。

OS X Server for Mavericks を購入した時に送られてきたレシート

レシートにある「問題を報告する」をクリックすると、Mac App Store の購入済みアプリの問題報告画面に移動します。

ここで、OS X Server for Mavericks のところにある「問題を報告する」ボタンを押して、問題として「このアイテムを誤って購入した」を選択し、その下の説明で、間違って購入したことを伝えます。

アプリを間違えて購入したことを知らせます。

そして「送信」ボタンを押すと、直ちに返金処理が行われたようで、返金を受け付けたことを知らせるメールが届きました。

OS X Server for Mavericks の返金が受理されました。

先ほどの "問題を報告する" 画面でも、OS X Server の返金手続が完了したことを確認できます。

OS X Server for Mavericks の返金手続が完了しました。

アプリの返金って難しいって聞いたことがあったので、てっきり返金が妥当かの審査が入るものかと思ってましたけど、直ぐに返金に応じて貰えるんですね。

今回は間違って購入してから 1 日以内の返金手続だったのと、コードを使って無料の OS X Server をダウンロードできるようにしてから間違った方の返金手続を行ったのも、すんなりと手続きが進んだ理由、かどうかは判らないですけど。


 

カスタム検索

copyright © Tomohiro Kumagai @ EasyStyle G.K.
contact me: please from mail-form page.