[ SOFTWARE REPORT ]

Facebook

Facebook で自分のタイムラインが第三者にどう見えるかを知る

2013/04/12 Tomohiro Kumagai

□ 他の誰かには自分のタイムラインがどのように見えているか

Facebook での行動は基本的にはオープンですが、表示範囲を細かく調整できるようにもなっています。

表示範囲を調整したいようなときには、他の誰かから自分の行動がどのように見えているかを知りたいこともあると思いますけど、Facebook では誰かからどう見えるかを調べるための「プレビュー」機能が用意されています。

これを上手く使えば、自分の行動が第三者にどう伝わるのかが確認できて安心ですね。

 

他の誰かから見た自分のタイムラインを確認する

Facebook のプレビュー機能を使うためには、Facebook を開いたら、まずは自分の名前のところをクリックして自分のタイムラインを表示します。

自分の名前をクリックして、タイムラインページを表示します。

自分のタイムラインが表示されたら、カバー画像のところにある「アクティビティログ」の歯車アイコンをクリックします。

アクティビティログの詳細メニューから「プレビュー」を選択します。

 

これで、他の一般の誰かからみた自分のタイムラインを確認することができます。

一般の誰かから見た自分のタイムラインを確認できます。

自分のタイムラインを見ているのに、画面上に「この人が友達とシェアしているコンテンツを閲覧するには、友達リクエストを送信しましょう」と表示されているところからも、第三者向けのタイムライン表示になってることが判ります。

 

特定の友達からみた自分のタイムラインを確認する

このプレビュー画面ですけど、自分の友達の中から誰かを指定して、その友達に対して見えるタイムラインも確認できるようになっています。

先ほどのプレビュー画面の左上に「特定のユーザーへのプレビュー」というリンクがあります。

ここをクリックすると名前を入力できる欄が表示されるので、ここに友達の名前を入力します。

 

そうすることで、その友達から見たタイムラインがプレビュー表示されます。

グループ分けをしていたりとか、細かい制限をしている場合に重宝しそうな機能ですね。


 

カスタム検索

copyright © Tomohiro Kumagai @ EasyStyle G.K.
contact me: please from mail-form page.