[ SOFTWARE REPORT ]

Microsoft Expression Web 3

Microsoft Expression Web 3 に Service Pack 1 を適用する

2009/11/25 Tomohiro Kumagai

□ Microsoft Expression Web 3 Service Pack 1 提供開始

Microsoft  社の Expression Web 3 は、Web サイト開発のためのツールです。

平成 21 年 11 月 06 頃から発売された Web サイト開発ツールですけど、EZ-NET レポート: Microsoft Expression Web 3 に目立つ不具合 に記したように、今時の Microsoft らしからぬ不具合が目立つような感じでした。

だましだまし使っていれば、なんとかならなくもなかったのですが、平成 21 年 11 月 25 日の今日、Windows Update の中に、ディフォルトでは選択されていないながらも、重要な更新プログラムとして "Expression Web 3 Service Pack 1 (KB976594)" が候補に挙がってきたのでした。

更新内容の説明によると、パブリッシュ機能やファイル管理等の重要な修正が含まれているとのことでした。これは、パブリッシュ時に更新していないファイルもアップロードの対象となってしまう問題の解消にも期待が持てそうです。

以前に EZ-NET レポート: Microsoft Expression Web 3 が起動直後に強制終了してしまう の方で取り上げた、不正なフォントがインストールされている場合に起動できない問題も修正されているとのことです。

 

Expression Web 3 が発売されてから、まだ 1 か月程度で Service Pack 1 が出てくるあたり、製品にとって致命的な不具合として問題が認識されているのかもしれません。

そうだとすれば、きっと多くの問題が改善されていることでしょう。そもそも待ち望んでいた更新プログラムということもあるので、さっそく Service Pack 1 を適用してみることにしました。

 

□ Microsoft Expression Web 3 Service Pack 1 を適用する

Windows 7 で確認する限り、Windows Update から Expression Web 3 Service Pack 1 を入手することができるようになっていました。

Microsoft 社のダウンロードサイトからも入手することはできる様子でしたけど、今回は Windows Update からインストールしてみることにします。

 

Windows Update の "重要な更新プログラムの確認" にリストアップされている "Expression Web 3 Service Pack 1 (KB976594)" にチェックを入れて、更新プログラムのインストールを開始します。ディフォルトではこの項目にはチェックが入っていないので、明示的にチェックを入れる必要があります。

後は、数分もすれば自動的にダウンロードとインストールが行われて、Expression Web 3 のアップデートが完了します。

 

アップデート完了後、動作を試してみたところ、ひとつ、自分の Expression Web 3 の使用方法の間違いに気付いたような気がします。

パブリッシュで全てのフォルダがアップロードされてしまう件についてですけど、どうやらパブリッシュ操作の際に、"サイトビュー" の "表示" のところで "フォルダ" が選択されていることが影響しているかもしれません。ここを "変更されたファイル" にすることで、変更のあったファイルだけがリストアップされる状態になりました。

この状態でリモートサイトへのパブリッシュを行ってみたところ、新しいファイルだけをアップロードすることができました。

 

このことから、パブリッシュの際に全ファイルがアップロードされてしまうのは、Expression Web 3 へのアップグレードによって生じた使い勝手の変更によるものだったようです。

実際、以前のバージョンである Expression Web 2 でそのあたりを確認してみたところ、選択肢が "フォルダの内容", "発行するファイル", "発行しないファイル", "競合するファイル" という選択肢となっていますし、Expression Web 3 の SP1 を充てる前と充てた後とではパブリッシュに関する表示メニューの選択項目は同じなので、どうやら動作面での仕様変更があった様子が窺えます。

その他の、一部の FTP サイトへのパブリッシュの際に "URL '****' には 32 より多いディレクトリがあります。" と表示されてアップロードが行えない不具合については、発生しなくなったことが確認できました。フォントが不正の場合に強制終了されてしまう不具合についても修正されているようで、問題となるフォントをインストールした状態で、Expression Web 3 が起動できるようになりました。また、ファイルを外部エディタで編集した場合にも、その変更が正しく反映されるようになっていました。

自分の勘違いもありましたが、なにはともあれ、これでひとまず Expression Web 3 を安心して利用できる環境が整ったように思います。

 


 

カスタム検索

copyright © Tomohiro Kumagai @ EasyStyle G.K.
contact me: please from mail-form page.