[ SOFTWARE REPORT ]

Microsoft Expression Web 4

Expression Web 4 のサイトリストに Web 3 で設定していたリストを取り込んでみる

2010/10/12 Tomohiro Kumagai

□ Microsoft Expression Web 4 に Expression Web 3 の設定の一部を移行する

Microsoft  社の Web サイト制作ツール Expression Web 3 をこれまで利用していたのでした。そして、新たに Expression Web 4 をインストールしてみたのですけど、Expression 4 には Expression 3 の設定は引き継がれてくれませんでした。

持っているサイトをサイトリストに登録したり、ソースコードエディターの文字色を調整していたりした都合、それを引き継いでくれればすぐにでも理想の環境で編集することができると思うのですけど、どうやらそうもいかない様子です。

 

かといって最初からサイトや色を登録し直すのも手間が多いので、どうにかしてサイトリストとコードエディターの文字色を引き継ぐことが出来ないかと思って調べていたら、ちょっとした作業でそれらが出来ることが分かりました。

今回はそのうちの、サイトリストを引き継ぐ方法についてのお話です。

コードエディターの文字色を引き継ぐ方法については EZ-NET: Expression Web 4 のコードエディタの文字色を Web 3 から引き継いでみる を参考にしてみてください。

 

Expression Web 4 のサイトリストに Web 3 のサイトリストを取り込む

調べてみると、Expression Web 3 のサイトリストは、Windows 7 の場合は各ユーザー用のフォルダーの AppData\Roaming\Microsoft\Expression\Web3\SiteData フォルダー内にサイトごとにフォルダーに分かれて保存されていることが分かりました。

具体的なパスで言うと "C:\Users\%USERNAME%\AppData\Roaming\Microsoft\Expression\Web3\SiteData" になるのでしょうか。Windows XP 等の場合は、"C:\Users\" ではなく "C:\Documents and Settings\" といったパスになるように思います。

 

ここの中のフォルダーを、Expression Web 4 用の AppData\Roaming\Microsoft\Expression\Web4\SiteData へ全部コピーしてあげることで、Expression Web 4 のサイトリストから編集したいサイトを選ぶことが可能になるようでした。

なお、このフォルダーには "_UnmanagedSite_" といった名前のフォルダーも存在していますが、これらもコピーしておいた方が良い様子です。これをコピーしておかないと、作業用の Web サイトをパブリッシュする際に、パブリッシュ先の登録を再度行わなくてはならない感じになりました。

このフォルダーも全てコピーしておけば、以前に使用していたパブリッシュ先をそのまま引き継ぐことが出来るようでした。

 


 

カスタム検索

copyright © Tomohiro Kumagai @ EasyStyle G.K.
contact me: please from mail-form page.