[ SOFTWARE REPORT ]

Windows 2000 Server

Terminal Server へ Office 2000 をインストール

2000/04/11 Tomohiro Kumagai
Update: 2000/06/05 Tomohiro Kumagai

□ はじめに

この記事は、2000/06/05 日現在に Windows NT Server 4.0 日本語版よりアップグレードした Windows 2000 Developer に付属の Windows 2000 Server 日本語版により正常に再現できることを確認しました。

以前に日本語版の Windows 2000 Server では Microsoft Office 2000 を Terminal Server にインストールすることができないという情報を読者よりいただき、また自分自身でも、日本語版の Windows 2000 Server へはインストールできないという情報をどこかで目にした記憶があましたので、このページは一時閉鎖していました。

しかしながらこのたび、日本語版の Windows 2000 での動作を確認できたことから、再び公開することとなりました。

 

念のため環境を少し細かく書いておきます。

ターミナルサービスをインストールする際、Windows NT Terminal Service 互換でインストールしました。用意した Windows 2000 Server は Microsoft Windows 2000 Developer 付属の日本語版 Windows 2000 Server で、もともと Windows NT Server 4.0 日本語版 からのアップグレードです。

インストールした Office 2000 は Microsoft Office 2000 Developer です。インストール前に、2000/06/04 現在にダウンロードした Office 2000 Took kit に含まれていた TERMSVER.MST をオプションに用いて Office 2000 Setup を起動しました。

 

□ TermSrvr.mst の取得

Windows 2000 Terminal Server へ Microsoft Office 2000 をインストールするには、特別なカスタマイズが必要です。

まずは Microsoft 社の Office 2000 リソースキット へアクセスして TermSrvr.mst というファイルを含んだ Office Resource Kit core tool をダウンロードしてください。

 

上記の Office 2000 リソースキットのホームページへ行くと Deploying Office 2000 という項があり、その中に Installing Office in a Windows Terminal Environment というページがあります。

ここにインストール方法に関する詳しい情報と Office Resource Kit core tool のダウンロードがありますので、ひととおりご覧ください。

 

Windows 2000 Terminal Server へ Office 2000 をインストールするには、Office 2000 Resource Kit をダウンロードして Windows 2000 Terminal Server へインストールする必要があるので、Toolbox にある Office 2000 Resource Kit core tool (ORKTools.exe) をダウンロードします。

 

□ Office 2000 のインストール

ダウンロードした ORKTools.exe を実行すると Windows Installer が起動します。必要なツールを選択して進んでいけばインストールは完了です。

今回、重要となってくるのが Toolbox にインストールされた TermSrvr.mst というファイルです。このあと Office 2000 をインストールする際にファイルの位置が必要となりますので、あらかじめ調べておきましょう。

Office Resource Kit をディフォルト設定でインストールした場合には C:\Program Files\ORKTools\ToolBox\Tools\Terminal Server Tools TermSrvr.mst がインストールされていると思います。

 

続いて Office 2000 のインストールです。

 

コントロールパネル 】 の 【 アプリケーションの追加と削除 】 を実行して、【 プログラムの追加 】 を選択します。

[ CD またはフロッピー ] というボタンを押してインストールウィザードを起動して、”インストールプログラムの実行” というところで、セットアッププログラムに続いて、TRANSFORMS の値として TermSrvr.mst を指定します。

たとえば CD-ROM ドライブが D: であった場合は、

D:\SETUP TRANSFORMS="C:\Program Files\ORKTools\ToolBox\Tools\Terminal Server Tools\TermSrvr.mst"

と入力して完了です。

あとは通常の Office 2000 と同様のインストールが始まります。

 


 

カスタム検索

copyright © Tomohiro Kumagai @ EasyStyle G.K.
contact me: please from mail-form page.