[ SOFTWARE REPORT ]

Windows 7 Ultimate

Windows 7 で ISO イメージファイルを CD-R に書き込んでみる

2009/08/23 Tomohiro Kumagai

□ ISO イメージファイル

ISO イメージファイルとは、CD-ROM や DVD-ROM のデータを丸ごとデータファイルとして記録したファイルです。

通常、これらのファイルは "*.ISO" という拡張子が設定されていて、Linux のダウンロードや MSDN Subscription などで、CD-ROM データの配布の際によく利用されています。

 

この ISO イメージファイルなのですけれど、Windows Vista までは、ダウンロードしてからが少し厄介でした。

このファイルを扱うためのソフトウェアが標準では搭載されていなかったため、利用者は何らかのソフトウェアを入手して、コンピュータに ISO ファイルをマウントするか、CD-R メディア等に焼くといったことをしなければなりませんでした。ISO Recorder といった手軽に使えるフリーソフトもあるのですが、この存在を知るまでに、なかなか苦労をしたものです。

そんな中、Windows 7 では OS の標準機能として ISO イメージファイルを CD-R に焼く機能が搭載されていました。こういった些細な機能が簡単に利用できるのは、とても嬉しいものですね。

さっそく利用する機会がありましたので、試しに使ってみることにしました。

 

□ ISO イメージファイルを CD-R に書き込む

ISO イメージファイルを用意したら、そのファイルを右クリックすると "ディスク イメージの書き込み" という項目がショートカットメニューが表示されます。

"ディスク イメージの書き込み" を選択すると、"Windows ディスク イメージ書き込みツール" が起動します。

ここで、書き込み用ドライブとして CD-R メディアを書き込める CD-ROM ドライブを選択して、そこに空の CD-R メディアを挿入します。後は 【書き込み】 ボタンをクリックすれば、ISO ディスクイメージの書き込み処理が開始されます。

書き込みが終了すると 【キャンセル】 ボタンが 【閉じる】 という表記に変わりますので、それをクリックすれば終了です。


 

カスタム検索

copyright © Tomohiro Kumagai @ EasyStyle G.K.
contact me: please from mail-form page.