[ SOFTWARE REPORT ]

Windows 7 Ultimate (x64)

Windows 7 標準の付箋ソフトを使ってみる

2011/07/09 Tomohiro Kumagai

□ Windows 7 から標準搭載された「付箋」

デスクトップ上にメモを貼り付ける「付箋」ソフトを使用している人も多いと思います。

以前はそういった付箋のフリーソフトウェアをどこかからダウンロードしてインストールしないと利用できなかったと思うのですけど、Windows 7 からは、標準機能として付箋ソフトウェアが用意されているようでした。

Windows 7 そのものが高いので、無料というには語弊があるかもしれないですけど、インストールしなくてもすぐに付箋を利用できるのはとても魅力な感じです。

 

Windows 7 の付箋ソフトは、Windows 7 のインストール直後から、スタートメニューのプログラム内の「アクセサリ」に登録されています。

付箋 - Windows 7 標準

アクセサリから「付箋」を選択すると、自由にメモを入力できる付箋がデスクトップ上に表示されました。

付箋 - Windows 7

後はこの付箋に、文字を打ったり、右クリックして色を変えたり、簡単に操作することができます。

付箋 - Windows 7

付箋をこうやって貼っておくと、Windows 7 の再起動時にも、これまで貼られていた付箋が自動的にデスクトップに貼られてくれて便利です。

こんな感じで基本的な最小限の機能が備わっているところもそうですけど、何よりも Windows 7 が使えるパソコンなら、セットアップなどの準備を何もしなくても、すぐに利用できるようになっているところが良い感じでした。

 


 

カスタム検索

copyright © Tomohiro Kumagai @ EasyStyle G.K.
contact me: please from mail-form page.