[ SOFTWARE REPORT ]

Windows 7 Ultimate (x64)

Windows 7 で XP モードが起動できなくなる

2011/06/11 Tomohiro Kumagai

□ CPU 交換後に XP Mode が起動できなくなる

Windows 7 には、従前の Windows との互換性を高めるために "XP モード" という機能が用意されています。

セットアップ方法については、以前に EZ-NET: Windows 7 で XP モードを利用してみる でお話して、それから順調に XP Mode を利用できていたのですけど、あるときマザーボードと CPU を交換したのを境に、次のようなエラーで XP Mode が起動できなくなってしまいました。

ホスト プロセッサーの種類が一致していないか、システム内にハードウェア支援による仮想化機能がないため、'Windows XP Mode' を復元できませんでした。

Windows XP Mode は Windows Virtual PC で実現されていて、通常、休止モードでスタンバイしていて、そこから復帰しようとした際に、休止前のハードウェア環境と大きく違ってしまったために、安全のため復帰できなくなってしまったということのようです。

 

再び正常に Windows XP Mode を起動させるためには、休止モードで保存されている状態データを破棄する必要があると思うのですが、Windows Virtual PC の画面を見ても、それを破棄できそうなところはありませんでした。

Windows Virtual PC の画面の "コンピューターの状態" を "休止状態" から "停止" に切り替えたいのですけど、どうやらこの画面からでは、停止状態に切り替えることはできないようです。

 

休止状態を破棄するためには、それが保存されているファイルを手動で直接削除するしかない様子です。

休止状態が保存されているフォルダーは、まずは、スタートメニューから Windows Virtual PC を開いて、そこに保存されている "Windows XP Mode.vmcx" をテキストエディターで開きます。

その中の <vmc_path type="string"> のところに、XP Mode の実際の設定ファイルである "Windows XP Mode.vmc" が保存されているパスを確認することができます。

このパスを開くと、XP Mode の仮想 PC 設定や仮想ハードディスクイメージ等が保存されていて、ここの中の "Windows XP Mode.vmc" をテキストエディターで開くと <saved_state> のところに、保存状態のデータファイルが保存されている場所とそのファイル名が記載されていました。

自分の環境では、同じフォルダー内にあった "Windows XP Mode.vsv" というファイルが休止状態のデータファイルでしたけど、一般的には同じ場所に保存されているのではないかと思います。

 

この、休止状態のデータファイル "Windows XP Mode.vsv" のファイル名を別の名前に変更して、Windows XP Mode を起動させてみたところ、正常に Windows XP Mode が起動できるようになりました。

正常に起動できることを確認したら、先ほど別の名前に変更しておいた "Windows XP Mode.vsv" を削除すれば無事に復旧完了です。


 

カスタム検索

copyright © Tomohiro Kumagai @ EasyStyle G.K.
contact me: please from mail-form page.