[ TROUBLE REPORT ]


Microsoft Windows 2000

ターミナルサービス再起動に関するあれこれ

2001/10/06 Tomohiro Kumagai

□ ことはじめ

Microsoft Windows 2000 Server をターミナルサーバとして構築していたときのこと。

ターミナルサービスクライアントを使用しての遠隔操作から、サーバを再起動しようとするとほぼ間違いなく失敗してしまいます。遠隔操作だけに、再起動せずにシャットダウンしてしまうのは困り者なので、ちょっと電源まわりについて調べてみることにしました。

たしか以前に Microsoft 社のダウンロードサイトで、再起動の失敗を修正するパッチがあったようですけど、それを充てても特に改善は見られませんでした…。

 

□ 電源まわりの調査

とりあえず、Windows 2000 の電源まわりについて、ちょっと調べてみました。

うまくシャットダウンできない場合

ACPI - Advanced Configuration and Power Interface

Windows 2000 が ACPI モードで動いているとき、ハードウェアが ACPI に対応していないと、シャットダウンしたときに自動的に再起動してしまうことがあるようです。

その場合、BIOS やその他のデバイスを ACPI に対応させることによって解決できるそうです。また、ACPI に対応できない場合には、Windows 2000 を APM モードでインストールする必要があるそうです。

 

APM - Advanced Power Management

Windows 2000 が APM モードで動いている場合にシャットダウンが正常に行えない場合、電源オプションの APM、「アドバンストパワーマネージメントを開始する」 のチェックをはずすとうまくいく場合があるそうです。 APM 1.2 に BIOS が対応していない場合に起こります。

また、これでもうまくいかない場合は、デバイスマネージャの 「NT apm/レガシインターフェイスノード」 を削除することで解決できるようです。

 

□ Microsoft が提供するパッチ

以前に、提供されていたパッチをいれても治らなかったので別の問題かと思っていましたが、今日あらためていろいろなサイトを徘徊していたら、Microsoft 社のページで新しい情報を見つけました。

どうやら、ターミナルサービスで再起動に失敗するバグの修正が、Windows 2000 Service Pack 2 で行われているということです。ということは、Service Pack 2 をインストールすれば問題が解決しそうですね。

 

今やっちゃって平気なのでしょうか…。

遠隔ゆえ失敗すると他人の手をわずらわせなくてはならないので気が引けますけど、ちょっと失敗してもすぐには害のないコンピュータに Service Pack 2 を充ててみようかと思います。

サーバには Service Pack 1 しか充てられていない状態なので、恐る恐る Service Pack 2 をインストールしてみます。

 

Windows 2000 Service Pack 2 を充てる

ターミナルサービスで遠隔のサーバへ接続して、Windows Update から Windows 2000 Service Pack 2 をダウンロードしてインストールします。

 

そしていよいよ再起動…。

残念ながら、Service Pack 2 を充てた直後の再起動ではまだ復帰できませんでした。けれどいろいろと調べてみたところ、どうやら再起動できなかったのはコンピュータの問題のようです。やっぱり、安物のラックマウントはダメなんでしょうかね。

とりあえず、BIOS の設定をいじって、BIOS のパスワードロックを解除したら起動できるようになりました。

 

□ 参考リンク


 

カスタム検索

copyright © Tomohiro Kumagai @ EasyStyle G.K.
contact me: please from mail-form page.